青空の下で自然を遊び尽くす

夏の山は、ハイキングにバーベキューと楽しみに満ちています。そんな魅力的な山は家族と行くのも良いですし、気の知れた仲間や同僚と行くのも悪くありません。自然の中で動いたり食べたりするのはまさに非日常的な体験と言えます。 山という恵まれた環境を生かすのは自分達次第なので、工夫をすればより自由な旅になります。そこに川があれば水着を着て泳ぐこともできますし、湖があれば釣りをするのも可能です。川下りなどのイベントがあるのであれば、参加してみるのも悪くありません。様々な虫がいるので昆虫採集ができ、歩くだけでも森林浴となります。このように、山は考え方によっては絶好の観光スポットになるので色々な楽しみ方ができます。

自然が相手という意識を持つ

楽しい山の旅ですが、自然が相手なので常に注意を払う必要があります。特に山は天候が変わりやすいので急な大雨が降ることも珍しくありません。雨だけならまだしも、落雷がある場合は非常に危険です。特にテントの金属部分などに落ちる可能性を否定できないので、比較的安全な車の中などに早急に非難します。 また、山の中には多くの外敵と出くわす可能性があります。大きなスズメバチに刺されたら緊急を要しますし、熊の出現は非常に危機的な状況です。ハチを退治する道具やクマ避けの商品は数多く販売されているので慢心することなく買い揃えておきたいです。 ただ、基本的なことを守っていれば危険な場面に出くわす可能性が低くなるので、過度に身構える必要はありません。